journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-16 [ Sun ]
Pirosmani: Easter-Lamb

(Niko Pirosmani, "Easter-Lamb")


屠られた子羊、自身の血によって私たちを神に贖って下さった子羊こそが、
力と、富を、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、賛美とを受けるにふさわしい。
御座にいます方と子羊とに、賛美と、ほまれと、栄光と、権力とが、世々限りなくありますように。

アーメン

(ヘンデル『メサイヤ』;ヨハネ黙示録5:12-13)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/106-f2eb4cbf

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。