journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-30 [ Fri ]
モノレールから見た光景は、思ったほどには変わっていなかった。
万博を中止し、再開発がストップしたせいだろうか。
ただ、昔ひどく心をとらえられた巨大な倉庫のような工場のような廃墟が
いったいどのあたりにあったのか、今はまったくわからない。

ただ進むごとに、古い記憶のかけらたちが曖昧な時系列で浮かびあがってくる。
やはり蒸し暑い日だったけれど、それはたしか残暑だったはずだ。

空港ビルを出て、スナップを撮る。
南の州都の空港を思い出す。
就航10年ほどの新空港は田園地帯に忽然と現れ、
あたりには不釣合いな肥料の匂いが、車の窓を閉めても滲みこんでくる。
それから北の古都の、夜は閑散とした空港。
お客の動きに合わせて内へ外へ大移動を繰りかえす、
アラブ系のタクシー・ドライヴァたち。
リムジンの窓に映った、満月と見まごう街路灯。
できうるかぎり「表玄関」の国際空港を避け、
時には双発プロペラ機で小さな空港に降りるのが好きだった。
「空港ビルを見たい」というのはとっさの理由で、
飛行機が離発着するのを見たくて来たのだ。
新国際空港でさえ土地の買収と滑走路の整備が進んでからは、
じわじわ焦らすような滑走と離陸の感覚は楽しめなくなったけれど。

べたつく空気を指で払いながら、展望デッキに立った。
西陽と機体の照りかえしと、湾の水面のゆらめきと靄の中で、
飛行機たちが飛びたった方向を教えてくれるのは、ジェット・エンジンの轟音だけだ。

ビルに戻りながら、昔はこうして、その日いちばん楽しくない場面へと
向かっていったことを思い出す。
ただ今日は都心へ戻るまで空腹をなだめられそうなのが、よかったと思う。

都心へ戻ったら、風がずいぶん乾いていた。
展望デッキのあの空気の肌触りは、やっぱり潮風だったのだ。
暑さでへばった私を、ラテンのカクテルと音楽が元気づけてくれた。

* * *
関連短編ログ:
みたび早春 M... - Franz-Josef Strauss
月はどっちに出ている
初秋 東京-東京国際(羽田)
W... - Schwechat
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/133-18de7004

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。