journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-18 [ Wed ]
 zwischen dem himmel und der erde

天よ、上より水を注げ、
雲は義を降らせよ。
地は開けて救を生じ、また義をも、生えさせよ。
主なるわたしはこれを創造した。

drop down, ye heavens, from above,
and let the skies pour down righteousness:
let the earth open, and let them bring forth salvation, and let righteousness spring up together;
I the LORD have created it.
(Isaiah 45:8)

***
木の葉たちが落ちる はるか彼方からのように
遠く天の高みで 庭が枯れたかのように
いやいやいやを する身ぶりで 落ちる

夜になると 重い大地も落ちる
あまねく星々から 孤独の淵へと

私たちはみな落ちる これ この手も落ちる
見てごらん みんな同じなのだ

けれどもたった一人の者がいて この落下を
かぎりなく優しく 両のたなごころに受けとめる

die blaetter fallen, fallen wie von weit,
als welkten in den himmeln ferne gaerten;
sie fallen mit verneinender gebaerde.

und in den naechten faellt die schwere erde
aus allen sternen in die einsamkeit.

wir alle fallen. diese hand da faellt.
und sieh dir and're an: es ist in allen.

und doch ist Einer, welcher dieses fallen
unendlich sanft in seinen haenden haelt.
(Rainer-Maria Rilke)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/179-fd3415b5

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。