journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-25 [ Sat ]
2日めの夜から3日めの朝にかけて、
今までの旅やあれこれの断片が、朧ろげな形をとりはじめる。
思考停止、判断停止と決めたのだから何も考えたくない、考えられないが
いくつかの「リカヴァリー・ポイント」が見えてきた、と思う。

たしか2003年の夏だったと思うのだけれど、
 <そういえば Niki と出逢った夏
まるで警察国家の個人監視のように(ヲイ
毎日毎夜の所在について日本の中央官庁から届出義務を課せられた
スケジュールの中で、
1日だけ出国前に届けた予定行動を破った。
独りに、自由になりたかったのだ。
ちょうど週末だったのを口実に、官庁担当者には予定行動に戻ってから
週明けに事後報告したのだと思う。
中世の城がある、でも意外に19/20世紀転換期の建築物が街を彩る
小さな街を何周もし、白夜の空がまだ明るいのに
部屋に戻って死んだように眠った。
静まりかえった時間と空間。
翌日も同じく、街をぐるぐる。
そして、夕方到着するはずの私を心配し、また心待ちにしてくれている
親友一家に何度も電話して、「ごめん、もう少し待って」
「もう少し独りでいたいの。もう少しこの街にいたいの。
あなたたちに早く逢いたい気持ちはやまやまなんだけれど」と、甘えた。

たとえばその夏が、その週末が
ひとつのリカヴァリー・ポイント。
それから、それから、・・・
続きを思い出すのはあとにしよう。

ちなみに。
連絡は欠かせなかったとはいえ、最初の約束より何時間も遅れて
待ちあわせの駅のホームに
 <どの駅で拾ってもらうかも、個人的趣味で我侭を言った(照
立っていた友人とハグとキスをかわして、
私の第一声。
「洗面所はどこかしら?」
乗換駅で、コーヒー喫みすぎです。
小さな古都の夜の駅は静まりかえり、wc もすでに鍵が閉められている。
「だいじょぶ、そんなに急ぢゃないから」
のんびりことこと、高速と田舎道を走り、
着いた先でまたハグとキスの嵐。
はしゃぐ女子供の様子をにこやかに眺めながら、
出迎えてくれた友人はおっとりと私に言った。
「ところであなた、どこか行きたいところがあったんだよね」
忘れてた。そうでした。
「このドアだよ。あなたの荷物はこっちに入れとくからね」

日本の地方都市の中央駅で、列車を待ちながらエスプレッソで一服。
そんな間の抜けた再会シーンと、
そもそもそれより数年前、彼〈女〉らを東京駅で見送ったときの
少女の柔らかい頬を思い出して、心の中でひっそり笑った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/231-11013752

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。