journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-11 [ Tue ]
(5)
この街の被災資料を見て、「爆心地 Groud Zero が公園でよかった」と
言った米国人がいるそうだ。
まさか。「破壊の瞬間 Zero Hour」直前まで、そこが建物と人のひしめく
生き生きとした生活の場だったということは、想像に難くない。
2001年9月11日の朝まで、WTC がそうであったように。
(今の WTC 跡地の映像を見て同じことを言う外国人がいたら、
 米国人はどんな反応をするだろうか?)

ただ私はトラムに乗って、おそらくまだ行ったことのないエリアへと向かう。
昔の家族旅行のときは、記念公園周辺でこの街の滞在時間を
あらかた消費し、たしか背骨の山地を縦断して、
反対側の地方へ移動してしまったのだ。

ともあれ2度めの土地のせいか、街の規模が小さめのせいか、
ゆったりした気持ちで車窓風景を眺める。
前々日/前日訪れた街々に比べて人の動きは緩やかだ。
それから、正直に言えばファッション・センスははるかに垢抜けない。

死の灰の中から復興したとはいえ、いちばん古い建造物は60年を超える
計算だし、のんびりゆったりしてはいても、今ここには再び
地方都市の暮らしの活気が、ある。

トラムは港の方へ走っていく。
川を渡ると、街並がいちだんと古びてきたのを感じる。
都心部から、どれくらい離れているのだろう?
爆心地からは?
そもそも私の机上の知識では、このへんは別の町というか、
隣町ではなかったか。
古びて鄙びてはいるけれど、エリアの中心らしき地点も、
通りすがりながらはっきりわかる。
はいはい、お勉強はしないルールの旅でした。

終点は港湾ターミナル。
売店がいくつか開いていたので、お弁当とコーヒーを買い、
眺望のきく待合室でやっと食べものにありつく。
空と海と、船と・・・

ふとこの街にもっといたくなり、
時間と暑さに背中を押されたこの旅の慌しさからのがれたくなり、
トートに入れてきた時刻表を調べる。
最終の東京行き新幹線・・・時間は微妙だ。
そして、もし明日の午前中に乗るとしたら・・・いや、
明日でも午前中でも、やっぱりここも東京も暑いだろう。

I.N. デザインの橋再訪も含め、あとの動きは成行き、
つまりはトラムの接続と所要時間に任せることにする。
西陽はずいぶん傾いていたが、外に出るとやはり潮風は
べっとりと肌にまつわりついてくる。
2,3ヶ所移動して、やっとフィルム・カメラで何枚か撮る。
ちょうど中央駅行きのトラムが来たので、乗る。

子供の頃、毎年夏になると父から手製の資料集を押しつけられて
食傷ぎみだったこの街の惨禍について、
帰ったらちょっと復習してみようかなと思う。
このエリアは、当時どういう状況だったのか。etc. etc.・・・
ヨーロッパのとある小さな街でフィールド・ワークをしていたとき、
案内役を買って出てくれたご隠居の名士が
私の空き時間をすべてこの種のお勉強にあててくださったことがあった。
その街の歴史と由緒。
なぜ第2次大戦末期に、市街の95%もが灰燼に帰するほどの大空襲の
標的になったか。
名士氏の家族と、ファシズムとの関係と相剋。etc. etc. etc.・・・
破壊されたこの街では、私自身の血縁も被害に遭ったのだ。
子供時代の記憶とフィールド・ワーク期の体験、
そして靉光展のカタログを抱え、靉光研究者と言葉をかわした
今日の出来事とが、またしても複合リンクする。

strassenbahn橋方面へ行く乗換停留所が近づいてくる。
でももう暗く、私は心にも手にも背中にも、
いっぱいすぎるほどのお土産を抱えこんだ気がしていた。
これ以上欲張るのはよそう。
他にも見たかった光景、行きたかった場所はいくらでもあるのだ。
それはまた、いつか。


2-3年前から日帰りの、
そしてやっとこうして、泊まりがけの旅行がまたできるようになった。
満足して、安心して帰ろう。

靉光の代表作は東京の、皇居にほど近い
行きつけの美術館が所蔵している。
また逢いにゆこう。メトロに乗って。

***
6年めの9.11.、
6年前と同じ、火曜日だという。
New York、Hiroshima/Nagasaki、Rotterdam、
そして Euroshima-Dresden etc. etc.・・・
すべての無辜の生命に r.i.p.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/236-aab29be3

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。