journal in japan

記憶の中の詩

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-28 [ Tue ]
お洒落といわれるこの街で最初の匂いの記憶のひとつに
焼鳥の煙があった。
駅前のある店先で、焼いて売っていたのだ。
いつかその街に住むようになり、
その角の通りを毎日行き来するようになって初めて、
そこは深夜まで営業している食料品スーパーなのだと知った。

あれはロシア語で、何といったのだか。
精肉部、鮮魚部、・・・とそれぞれ別の店が入り、
日本語の「スーパーマーケット」というよりは、
中の雰囲気は共産圏の国営デパートだの国営市場に似ていた。
狭くて天井が低く、ミネラル・ウォーターを買っても
出てくると全身に焼鳥や揚げものの匂いがしみついていたが、
帰りが夜遅くなって翌日のお弁当の材料を買い足したいときや
雨や寒い日、バスを待っている間に(バス停の前にあったので)
避難するのには便利だった。
東欧を思い出したのは店員さんたちの商売っ気のなさも手伝っていたが
愛想はなくても親切なのは、むしろ民主化後の印象に似ていた。

初めて見たときからいかにもうらぶれた一角だったが、
あるとき不意に精肉部が撤退した。
店先に「鮮魚部は奥で通常営業しています」と貼紙が出た。
それからいわゆる「スーパー部」もなくなった。
他の店が開いている時間にはあえてそこで買物しないので、
私はそれを全面ガラス張りごしに眺めつづけた。
さすがに暇をかこちすぎたのか空きスペースの有効利用と思ったか、
店の前のほうにテーブルを出して魚を煮たり揚げたりしたお惣菜を並べたり、
車の往来を邪魔しない路地側にベニヤ板を伸べて青物を並べるようになった。
しかし相変わらず、売る気があるのかないのかというオーラが
人からも品物からも立ち上っていて、その「プチ出張販売」も
わずか数回でたち消えになったようだ。

そんな成行きをただ傍観していた私は、
売れゆきの悪い生鮮食料品に手を出す気になれなかったというより、
まさしく崩壊してゆく共産主義社会を呆然と見つづける旅行者の気分だったろう。
民主化直後に滞在したモラヴィアの古都で
旧国営デパートの2階のフォワイエから俯瞰で構図を決めかねていたら、
背後でカキンカキン!と重たい金属音が響いた。
振りかえると痩せて背の高い職人が、もう1度鑿と鎚をカキンカキン叩き鳴らして
ボディ・ビルダーのようにポーズをとり、
身ぶりで「俺を撮れ」とアピールしてきた。
日焼けと汗と埃で真っ黒な顔をし、作業着はぼろぼろだったが、
にこりともしない挙措動作に不思議な愛嬌があった。
土地の言葉でお礼を言うと、なんのなんのというように背中越しに手を振った。
目の前に不安や困難はあっても自由を手にして、
この国営デパートも新しい商業スペースに生まれ変わらせるのだ、
自分たちの社会をこの手で築いていくのだという
張りつめた期待が、再開発だらけの街じゅうに、
蒸して押さえつける暑気や埃にも負けずに、人間の踵や背骨を支えていた。
それと同じ空気、というより覇気は、ここには求めるべくもないようだ。

店先に並べられた野菜と、その横で所在なさげに一服する、なぜか肉屋のおやじさんを
私は撮った。
魚のお惣菜も撮りたかったが機会がないうちに鮮魚部もなくなってしまったので、
ちょうどテーブルが並べられていたあたりの柱と洗面台を。
クロス張りの剥がれかけた柱と、外れかけて傾いた家庭用洗面台と液体石鹸のディスポーザが
ついこないだまではそれでも生きていた、昭和の名残をふんぷんと放っていた。
いやその時にはすでに青果部も撤退して、
新しく槌音の響くことのない空間はうち捨てられて静まりかえっていた。
スポンサーサイト

コメント

重い雲間の

見事に映画のワンシーンだな。
駅前の一節が不自然なので添削しようかと思ったら、この伏線に見事にはめられちまった。笑
続編を待たずに完結させるのなら、アグファに定着された濡れた景色だけは、いつかまた描いて欲しい。

ん・・・

>>かつ
なんかにつまずいた?
私が通ったときにはなんにもなかったんだけどねぇ・・・
最近あっちこっちでけっつまずかせたりつんのめらせたり、ごめんなさいよ。
かっつぁんもせいぜい自分の足もと、気をつけてくださいな。

私も今ほろ酔いなので、まじめなレスポンスはまたあとでね(照

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sitem.blog54.fc2.com/tb.php/89-753a57b8

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

profile

melusine

author: melusine
記憶の中の言葉たち

recent trackbacks

FC2-counter

be my blog-friend (:-))?

search in this blog

tabula rasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。